借金は低収入でも可能です

低収入だからと借金を諦める必要はなく、借入できる金融機関・ローンは存在します。金融機関側としては返済能力のある方には積極的に融資したいと考えているので、無理のない借入をすれば問題なしです。希望額・返済プランを決めるのは自分自身であり、返済を楽にするのも大変にするのも自分次第です。

借金の申し込みをする前には、シミュレーションをして安全に返済できる金額を決めてください。

低収入でも借入できる理由

金融機関から借金をするためには安定的な収入が必須ですが、安定とは金額を指すものではありません。低収入であっても返済できる範囲内であれば融資を受けられる可能性が高く、それは学生ローンを見るとよくわかります。

月収数万円の学生が学生ローンを利用しているケースはよくあります。社会人向けのキャッシングやカードローンにおいても、年収で100万円台ならば借入できることが多いです。ノンバンク系には総量規制が適用され、年収の3分の1を上限として融資されます。

例えば年収で120万円あれば、法的に40万円まで借りることができるわけです。アルバイト・パート可を売りにしているローンなら、低収入の方が借りやすいと言えます。

サラリーマンの平均年収は400万円程度であるのに対し、非正規の場合は200万円を下回ることが多いです。

非正規OKのローンは年収100万円台でも借入できることが多く、融資も即日対応してくれることが多いです。

もし自身の年収に不安がある方は、事前に金融機関に問い合わせてみるとよいでしょう。もしくは金融機関のWEBサイトで仮審査を受けてみるのがおすすめです。仮審査を通過できたなら本審査も高確率で通過できると考えてよいです。

低収入と無収入はまったく意味が違います

低収入で借金ができるローンはありますが、無収入では借りることができません。ローンは返済能力に見合った融資枠が設定されるため、無収入では1円も借りることができないわけです。お金を借りてから仕事を見つけて、給料をもらってから返済するという手は通用しないです。

現時点において収入を得ていることが必須であり、収入ゼロだと借金できる金額もゼロになります。専業主婦は無職で借金できたという話が聞かれますが、これは銀行や信用金庫などのローンに限定されます。これらの金融機関は総量規制の対象になりませんし、配偶者の年収を考慮して貸し出すことができるわけです。

消費者金融の場合だと借入する本人に安定収入があることが必須なので、配偶者の年収が高額であっても申込する本人が無職だと借入はできません。借金をしたい方は第一に仕事を見つける必要があり、収入証明書を用意することが前提です。

小額の希望だと収入証明書は不要になるケースがありますが、本人確認書類と在籍確認はあると考えてください。職場に在籍確認の連絡が行きますので、無職であることをごまかして借りることはできません。もし無職で融資してくれる金融機関が見つかった場合は、悪徳業者の可能性があるので情報調査を徹底してください。

低収入で借金する場合の注意点は

借金は返済能力に余裕を持たせてするのが得策で、借入額は返済能力の半分程度に抑えておくのが得策です。例えば月に3万円なら返済できるという場合は、1~2万円に抑えておくのがよいです。返済計画は思ったとおりに進まないことが多いので、総量規制のギリギリまで借りるのもおすすめできません。

低収入で上手に借金するためのコツは、安定的に返済できる金額を算出しておくことです。月によって収入にバラつきがある方は、少ない月を基準にして返済計画を組み立ててみましょう。収入の多い月を基準にしてしまうと、少ない月に返済するのが難しくなります。

借金は毎月返済していくことが必須ですが、重要なのは完済を前提とした借入をすることです。事前に完済プランをシミュレーションしておけば、無理のない借入ができるはずです。収入があまり安定していないけど借りたいという方は一括返済をおすすめします。

一括返済のメリットは利息を最小限に抑えられるので、結果的に返済総額を抑えられることです。

低収入の場合の希望額設定

借金を安全に利用するためには希望額設定が鍵となり、安全ラインは10~30万円と言われています。

総量規制の限度枠の半分程度をイメージしておけば無難であり、例えば年収120万円なら希望額は20万円以内に抑えておけばOKです。

借りるだけ借りようという姿勢は債務超過を招きますので、常に少なく借りることを意識してください。学生の場合は10万円が適正額と言われているので、低収入の方でも10万円なら問題はないでしょう。希望額をいくらにするべきか金融機関に相談する方がいますが、返済能力は一人ひとり異なってくるものです。

年収が同じであっても家計状況には差があるため、当然返済能力も違ってきます。自身の返済能力は自身でシミュレーションをして判断するしかありません。金融機関が推奨する返済回数は1~3回と言われており、これは誰もが無理なく返済できる回数だからです。

借金の申込時は1~3回以内で完済できる希望額を設定すれば失敗はないはずです。借りすぎ・使いすぎに悩んでいる方は多いですが、これらはすべて希望額を大きく設定することで発生しています。希望額をいくらに設定するかによって、ローンの成功・失敗の大部分が決まると考えてよいでしょう。

低収入の方には銀行ローンがおすすめ

銀行ローンは審査のハードルが厳格ですが、希望額さえ抑えれば借りられることが多いです。10万円などの小額融資においては、銀行と消費者金融の審査ハードルに大きな違いはありません。審査に通過できることを前提に考えるなら、低金利で借入できる銀行のほうがお得です。

両者を比較すると金利に4%以上の開きが生じることがあり、将来的に借入額が増えていくと利息の差はより大きくなります。増額融資を受けて10万円の借入が30万円になった場合、利息の差は3倍になると考えてよいでしょう。

一方で消費者金融をおすすめしたいケースは、他社借入件数が多い、今すぐに借入したいといった状況です。ただ大手の消費者金融だと銀行並みに審査がシビアな会社がありますから、審査に落ちた場合は街金融も検討してみましょう。

街金融は自社審査を導入していることが多く、個人信用情報機関の履歴に問題があっても、自社で問題なしと判断した場合は融資してくれることがあります。